2017年06月11日

レコ発!!

こんにちは!!
ジュリアです!!

昨日大作戦レコ発ライブ無事終了いたしました!
楽しかったですね(´∇`)


これから各アーティストでこのアルバムを販売しますのでみなさん買ってくださいね!!
私の曲も3曲目に入ってるので是非聞いてください!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(ライブ予定)
6/12㈪@大阪長堀橋WAXX
6/18㈰@和歌山MILI
6/24㈯@大阪bar CODA
6/25㈰@和歌山OLDTIME(バンド)

twitter→@j_shachi
facebook→ジュリア 朝海 マーフィー

ご連絡待ってます!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

さとみんさんからの質問!
1人旅に1週間行けるとしたらどこに行くか、
そして何をしたいかということで!

私は和歌山より南には徳島県以外行ったことがないので行ってみたいですね!
1週間で何県か回ってみたいです
特に広島と福岡には行きたいですね!
結構離れてるけども!w
仲の良い友達も住んでいるので(^^)


杉本くんに質問!!
1日日帰りで旅行に行くとしたらどこへ行きますか?教えてください!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

和歌山ライブハウス大作戦HP
http://daisakusen073.wixsite.com/wkym  

Posted by 和歌山ライブハウス大作戦 at 13:14Comments(0)JULiA MURPHY

2017年06月09日

割り込みロック番長

じゅりあちゃんのファンごめん!今回はやまやです!ロックンロール!

やっと2月末にレコーディングしたCDが完成しました!


第二弾コンピレーションアルバム
「SUNNY」
10曲入りで、価格は1000円(税込!) 200枚限定だそうです。

CDのジャケットや歌詞カードにも色んな仕組みがあって、
聴くだけじゃなくて見ても更に楽しいCDとなりました!└( ^ω^ )」

試聴動画!


このCDは明日6月10日の
和歌山ライブハウス大作戦ライブ(@LIVE SPACE MOMENTS)から発売で、
各アーティストから購入可能です。
アコースティックあり、バンドあり、アイドル曲あり(!?)の
楽しいコンピレーーーーションアルバムとなってます。
みんなでノンノンしてください。

そしてライブ情報!

[和歌山ライブハウス大作戦ライブ]@和歌山MOMENTS
(場所:〒640-8027 和歌山市米屋町3 ブリスビル2F LIVE SPACE MOMENTS)

OPEN 18:30/START 19:00
入場料500円(別途1ドリンク500円)
※高校生以下無料(別途1ドリンクは必要)

−出演−
松本陽太
杉本たけや
THE★わたる
ラッキーマナブ
JULiA MURPHY

2000円握りしめて来てくれよなっ!待ってるぜ!ロックンロール!
  

Posted by 和歌山ライブハウス大作戦 at 21:11Comments(0)やまや

2017年06月03日

3日間車中泊一人旅行ってきました☆

みなさん、こんにちは!さとみんです。
最近の私は音楽から全く離れた内容になりますが、
自分の車で広島~山口とゆう車中泊旅をしてきました!

広島は、念願の大久野島へうさぎ達と戯れにいきまた!
この日だけは休館村に泊まって朝から晩まで島中のうさをして大変癒されました!


うさぎさんとの写真はありすぎて選べないのではぶきます。ものすごく、うちのうさぎ並みにみんな人懐っこくてかわいかったですよ!

次の日は宮島までいって世界遺産の厳島神社にいってきました!


私、歴史上人物像の平清盛、平家一門が凄く好きで今回の旅は厳島神社の他にも山口県までゆかりのある場合にいくつか回って
有名な檀ノ浦の戦い跡地にも行ってきました。
平家好きには儚くなる場所です(*_*)



あとは、洞窟好き、自然好きもあって世界遺産の秋吉台ドライブしてからの、往復一時間の洞窟冒険もしてきました!






今回の車中泊旅は失敗やアクシデントが全くなく、完璧な旅だったのでまた、日本中自分の車で旅をし続けたいです(☆∀☆)


☆☆☆☆☆
松本陽太さんからの質問!おすすめのバンドやCDがあったら教えてください。とのことですが、

私の好きなアーティストやバンドは一風変わってて、一般的におすすめ出来るかどうかは…わかりません!
ギリギリ一般路線で言うと、
八十八ヶ所巡礼
ニガミ17才
N′夙川BOYS
ミドリ
キングブラザーズ
あたりですかね??それでも結構個性的なバンド達ですが、変化球を投げた様な音楽がすごく好きです。
ちみに、ミドリと夙川BOYS は今は活動していません。

なんてゆうか、私の好きなバンドは音源を聴くよりもライブを見て魅力が光りあがるような人達ばかりです。

ニガミ17才とゆうバンドは知る人ぞしる嘘つきバービーってゆうバンドのベースボーカルでもありリーダーであった岩下ゆうすけさんが嘘つきバービーを解散してかあらたに作った新しいバンドですが、
先日初めてライブ行ったら音楽スタイルもカラーも岩さんのMCもかなりレベルupされていて度肝ぬかされました!!

もっともっと一般的に受け入れられて皆に知ってほしいと心から思います!!

めっちゃくちゃおしゃれでかっこいいです!
音源のみ聞いても脳天直撃されてめっちゃエンドレスで聴けます!

ニガミ17才『ニガミ17a』てミニアルバムも出てますので是非とも聴いて頂きたい1枚。

存在が意味不明なんだけど、音楽性はしっかりしていてセンスが抜群。

関東のバンドなので中々関西にはこないんだけど、
また次ライブあったら絶対行きます!

☆☆☆☆☆

じゅりあちゃんへの質問。
どこか、1人旅に1週間いけるとしたらどこへ行きたいですか??
そして何をしたいですか??


  

Posted by 和歌山ライブハウス大作戦 at 20:32Comments(0)さとみん

2017年05月24日

西口ストリートゲリラがぼちぼち始まっております(松本陽太)



西口ストリートゲリラと銘打って始まった和歌山ライブハウス大作戦のストリートライブ
普段はライブハウスメインで活動するミュージシャン達で路上に乗り出してライブハウスをPRする
それはただお客さんとしてきていただく
それだけでもないのだなと昨日のストリートで感じた
昨日声かけていただいたのは1ヶ月前から転勤してきたサラリーマンの方でドラマーさんでした
この1ヶ月間、夜は駅前などで音楽の出来る場所を探索してたそうだ
知ってる情報交換もできたし、濃い音楽の話ができた
今回はもしかしたら特殊な例かもしれない、音楽をやってる人は自然とそういうお店の情報が入ってくる、しかし、音楽がやりたくても場所がわからない、知らない、そんな人のための情報交換
和歌山ライブハウス大作戦はそういうこともしていきたい

たけちゃんへ

大酒飲みと謳ってきたけど、最近は全然お酒がダメになってきてる
体調の問題もあるのか、歳のせいかすぐ潰れてしまう
しかし決して酒は嫌いではない
やはりほどほどやめとくのが一番いいのだろう

最近は自分の酒の失敗が多すぎる(^◇^;)
周りに迷惑かけてほんとに申し訳ない(><)

好きなジャンルの酒というのはとくになくて、肴ありきで酒のジャンルを変える
白身魚には日本酒
チーズにはワイン
鍋には焼酎
ジャズにはウイスキー
ロックにはビール
いい肴には合うお酒を嗜みたい

あと知り合いから教えてもらったおつまみで、コレは!って思ったものが一つある

それは
生ピーマンの肉詰め

作り方はシンプル

半分に切ったピーマンにコンビーフを詰める
それだけ
マヨネーズとタバスコで召し上がれ


次はさとみんさん
いろんな人に聴いてほしいさとみんさんが知ってるおすすめのバンドやCDを教えてください  

Posted by 和歌山ライブハウス大作戦 at 00:11Comments(0)松本陽太

2017年05月16日

本を読む。【杉本たけや】

 皆さんこんにちは。長らくご無沙汰しています、杉本たけやです!

さて今回は、好きな本についてお話しようと思います。

 意外かもしれませんが実は昔から本が好きで、小学生の頃から外でドッヂボールするより図書室で十五少年漂流記を読んでいるような子供でした。
 普通のことしか起きない現実に比べて船で漂流して命がけのサバイバルを個性たっぷりの仲間としたり、狩りをしたり作物を作って普通に暮らしていた少年がドラゴンの卵を拾ってこっそり育てたり、面白いことがいつでも起こっている本の中の世界に夢中になった。その頃読んでいた本を何冊か紹介します。

・十五少年漂流記/J・ヴェルヌ
 あらすじ:帆船に乗って旅行に出かける予定の学生の中で、待ち切れなくて船に乗り込んでいた8歳から14歳の15人の少年がとある理由で船ごと流されてしまい、流れ着いた島で助かるために力を合わせてサバイバルをして暮らすが・・・
 これはどこでも手に入りやすい本です、僕が生まれて初めて活字の物語を読んだのがこの本だった。最近になって読み直したが決して子供向けと言う訳ではなく、分かりやすい物語だけど面白いすばらしい本だと実感した。

・エラゴン(ドラゴンライダーシリーズ)/クリストファー・パオリーニ
 あらすじ:農村に伯父と2つ上の従兄弟と住んでいる少年エラゴンは、冬支度のため狩りに出かけた山の中で青く輝く綺麗な石を見つけ、持ち帰るがそれはドラゴンの卵で・・・
 この物語は長編で4部作になっており、1部が1冊、2~4部が上下巻(すべて厚み3cmはある!)となっている。小学2年生の頃に1部を買ってもらってからダントツに細かい世界観の描写に夢中になり、狩りの時に引く弓が軋む音から敵の怪物の息の臭さまでを感じながら、ぼろぼろになるまで繰り返し読んだが、3部が出た頃には僕は高校生で、4部が出版されているのをこの記事を書くために調べて知ったくらいのロングスパンで発行されていた。いつ読んでも夢中にさせてくれる。
4部買いに行ってもう一回初めから読も~っと。ふっふっふ。

と、他にもいろいろ読みましたが上記の2冊が僕の少年時代の大きな衝撃だった。特にエラゴンはほんとにずっと読んでたなぁ。


 そして就職してからも、読書は続けている。今はハードカバーのお高い本はあまり買わず、基本的にはBO○K OFFの100円コーナーにあるペーパーバックがほとんど。ジャンルもファンタジー物からエッセイや普通の物語などが多くなった。幅が広がったので全部のあらすじは書けませんが、ずらっと紹介します。

[スティーブン・キング]
・スタンドバイミー
・グリーンマイル
・ゴールデンボーイ
・その他ホラー短編集など
 本好きでなくても映画で知ってる人も多いと思う。ホラー作家だけどなぜかホラー要素の薄い作品ばっかり好きになった。でもホラーの短編集は好きだ、怖くなって母親に無事かどうか電話したこととかあるけれど。

[岩井俊二]
・リリイ・シュシュのすべて
 映画で本作を見て、度肝を抜かれて文庫版を読んだ。もともとインターネットの掲示板を小説にしてしまうって企画らしい。
読んだ後もやもやして暗くなる。だがそれがいい。この作品は映画と本、どっちからみても面白いと思う。

[片岡義男]
・彼のオートバイ彼女の島
・その他
 高校時代にどはまりして国語の先生と意気投合し、30冊くらいまとめてもらった記憶がある。全作通してハードボイルド。
彼のオートバイ彼女の島は映画化されていて、尾道の風景がきれいだ。そしてバイクに乗りたくなる。下の写真は読むなり映画を見てもらえれば僕のしたかったことが分かってもらえると思う。へへへ
カワサキさん!

[中島らも]
・恋は底ぢから
・アニマタ・パンセリナ
・BAND OF THE NIGHT
・他数え切れず
 関西のアル中でラリ中のアブないけどめっちゃおもろいおっさん。この方については僕の書くような文章では何もいえません。
本屋に100円で大量に売っているので好きなタイトルを選んで読んでみましょう。話はそれからだ。

[大槻ケンヂ]
・グミ・チョコレート・パイン
・ロッキン・ホース・バレリーナ
・他いろいろ
 音楽やる人もそうでない人も、自分だけは何か人と違う特別な存在だと思うことありませんか?何が人と違うかわかんなくて悶々として、でも謎の自信だけはあるって事ありませんか?筋肉少女帯の大槻ケンヂさんが書く本にはむねを締め付けられっぱなしで、いつもウワー!!ってなる。薦めてくれたンダさんに感謝。

 他にもいろいろあって、全部書けないのでこれくらいにしておきます。

 僕は本を賢い人の読むものだとかはまったく思ってなくて、映画や漫画を見る感じで活字を読んでいるけど頭では映像を想像して楽しめる、気軽な娯楽だと思っている。賢い人しか本読めないなら僕が賢いって事になっちゃうしね。
オススメの本を交換するのとかすごくアナログで楽しいので、そういう遊びもしたいなぁ。

漫画編もつけたいけど、やめておこう。僕が松本零士フリークなのがバレるだけだ。

今回は僕の好きな本の話でした。次回もお楽しみに!

~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~
陽太さんからの質問!
僕ならではの薀蓄・・・うーん、ちくしょう!思いつかないなぁ!

 なんちゃって。冗談はおいといて僕だから知りえるという事で、僕の持っているギターのうち、一番素性の分かりにくい月光堂のギターについてうんちくを垂れ流しましょうか。
 今度発売する大作戦のコンピCDの陽太さんの曲のレコーディングの際、僕が使用したんですがとっても乾いててサスティンの短いフォークソング向きの音がするギターです。

 このギターは京都下賀茂神社の近くにある1945年創業の老舗楽器屋、月光堂がフォークブームの際に発売したと思われるものです。

 僕が購入した和歌山市六十谷にあるJUNK STYLEのマスターいわく、ネックの形状からTakamineのOEMではないかとの事でした。
実は僕、このギターを購入する5年ほど前に月光堂に訪れたことがあります。当時大ファンだった京都のバンド、10-FEETのフロントマンのTAKUMAさんが初めてギターを買った店として紹介されていたので、見に行っていたのです。
期待していたようなエレキギターどころかフォーギターさえなく、クラシックギターが数本あっただけでがっかりして帰った覚えがありましたが、こんな縁があるとは・・・!
 さらに、型番であるFW-300の300はおそらく当時の販売価格を表していると思われます。日本の古いギターに多いんですよね、型番で販売価格が分かるもの。おそらく3万円だったんでしょう。この法則は他のメーカーでも使えることが多いです。MORRISのWシリーズやFシリーズ、YAMAHAもおおむねこのパターンですね。中古屋で元の価格の参考になりますね。
 ただし、70年代80年代くらいの古いギターは特に一本一本今までの扱われ方で音が違いますので、値段だけで判断するのは愚かだと思います。あくまで参考ですね。実際、某所で試奏させてもらったMORRISのW-60より僕の持っているW-30のほうが断然僕好みの音がしました。

 どうでしょう、薀蓄になっていたでしょうか??

それでは次は、あら!また松本陽太さんです!
陽太さんは大酒飲みとの噂を聞いたんですが、どんなお酒が好きですか?
そして、割と簡単に出来るオススメのおつまみと、一番好きな酒の肴(食べ物じゃなく、美人の鎖骨を眺めて・・・とかでも可)を教えてください!

以上、長文・乱文にお付き合い頂きありがとうございました!!またライブ会場で会いましょう!!  


Posted by 和歌山ライブハウス大作戦 at 22:55Comments(0)杉本たけや